女性が車を選ぶときに、車の色は、出来るだけ柔らかい色をオススメします。薄いグリーン、薄いブルー、薄いピンクは、親しみが持てるので、年齢を問わず、どなたでもとても似合うと思います。パールホワイト、ブラックは、特に若い女性に人気で、とてもお洒落だと思います。車の大きさは、基本的には、軽自動車をオススメします。最近の軽自動車の中でも、特に全高が高いタイプは、昔と違い、室内空間がかなり広く、シートアレンジが多彩で、荷物もたくさん載せることが出来て、実用的ではないかと思います。また、全高が低いタイプは、強風時に横風の影響を受けにくく、またカーブでの車体の傾きが小さいため、横転の危険性が低いので、高速道路や峠道を多く利用する女性にオススメします。

軽自動車は運転しやすく女性に最適です

最近の軽自動車は、様々な技術がたくさん取り入れられています。アイドリングストップ機能や、エコ発電制御を装備して、出来る限り、燃費を良くする方向に努力されていると思います。特に、長距離を走行後、燃料計を確認すると、ガソリンがあまり減っていないことに驚きます。高速道路を80キロで巡行すると、昔の車と比較すると、エンジン回転数がかなり低いです。したがって、それだけ燃料消費が少なく抑えられていることに気づきます。また、最近の軽自動車は、ほとんどが前輪駆動ですが、駆動輪でもハンドルの切れ角度が大きく、最小回転半径が小さくなり、小回りが効くので、駐車場や車庫入れが大変スムーズに出来て、とても快適に思います。

軽自動車にかかる税金について

税金の話になりますが、軽自動車の5ナンバーの軽自動車税は、2015年3月31日以前は、年7200円でしたが、2015年4月1日以降は、年10800円と少し上がっていますが、1000cc以上の普通車と比べると、まだまだ安いと思います。また、軽自動車は、ガソリンタンクが比較的小さいため、ガソリンスタンドでの給油時の出費は、小さく抑えられるので、とても経済的です。高速道路での料金も、普通車と比べると、少し割安なのも魅力的です。それから、車検時に、消耗部品を交換しなければいけませんが、例えば、タイヤ4本を交換する際も、軽自動車だと、タイヤ1本の料金が安いため、車検費用も小さく抑えられるので、とても助かります。

おすすめの車種

ダイハツのタントは、かなりオススメします。オススメポイントは、広大な室内空間です。リヤシートに座ってみると、広すぎるスペースに感動します。更に、足元にも十分なレッグスペースがあります。もちろん運転席、助手席もゆったりと座れます。運転も非常にしやすいです。また、リヤシートを畳むと、荷物を沢山載せることができ、とても使い勝手がいいです。チャイルドシートを装着して、小さなお子さまの載せ降ろしも楽に出来るので、非常に実用的な車です。

ダイハツのムーヴコンテも、オススメです。オススメポイントは、四角い形のボディと、厚めのシートです。エクステリアは、四角くかわいい形に仕上げられています。運転席からボンネットが見えるので、狭い道を走行する時や、駐車場でバックする際、非常に運転がしやすいです。更に、インテリアは、ソファのようなシートのため、乗り心地がソフトで、とても快適です。アイドリングストップ機能エコアイドルも標準装備されているので、燃費も良く、環境に優しい車だと思います。

ダイハツのミラココアも、オススメします。オススメポイントは、かわいい外見と、お洒落な室内です。ヘッドライトや、窓ガラスの形を丸くして、愛嬌のあるデザインに仕上がっています。2012年4月以降は、イーステクノロジーが導入されて、アイドリングストップ機能や、エコ発電制御で26km/Lと更に低燃費になっています。また、女性ユーザーの意見も取り入れてマイナーチェンジしているため、まさに女性にピッタリの仕様の車だと思います。